• HOME
  • CSR情報
  • 良き企業市民としての社会貢献活動

CSR情報

活動ハイライト 良き企業市民としての社会貢献活動
社会との共存を図る貢献活動への参加

私たちは、企業活動を通しての社会貢献にとどまらず、社会との共存を図る良き企業市民であるべく、さまざまな社会貢献活動に参加しています。

文化支援
「OSAKA STYLING EXPO」への協賛

帝人フロンティア(株)は2010年から、大阪市・大阪商工会議所などが主催する、衣・食・住の分野で大阪らしいライフスタイルを情報発信するプロジェクト「OSAKA STYLING EXPO」に協賛しています。

▼「OSAKA STYLING EXPO」ウェブサイトへのリンク

OSAKA STYLING EXPO

社員のボランティア活動
絵本を贈る活動~book dream project~

帝人グループ共通の社会貢献プログラムとして、インドネシア・タイの図書館に絵本を寄贈する「ブック・ドリーム・プロジェクト」を2008年から実施しています。この活動は、グループ社員から収集した古本やCD、DVDなどをブックオフオンライン(株)が展開する「宅本便」サービスを利用して換金し、それを資金として購入した絵本をインドネシアの図書館に寄贈するというものです。帝人フロンティア(株)でも、2009年度からこの活動に参加しています。

帝人グループ全体で2011年度末までに、古本、CDなど約3,800点が集まり、換金して総額109,378円となりました。これを資金にシャンティ国際ボランティア会のタイの図書館活動へ寄付したほか、52冊の絵本をインドネシアの図書館に寄贈しました。

社員のボランティア活動
TABLE FOR TWOプログラムへの参加

帝人グループは、2011年度から、開発途上国の飢餓と先進国の生活習慣病の解決に取り組む「TABLE FOR TWO」プログラムに参加しています。これは、社員食堂で低カロリーかつヘルシーな寄付金付きメニューを選択すると、1食につき20円(開発途上国の給食1食分に相当)が、開発途上国の子どもの学校給食としてNPO法人TABLE FOR TWO Internationalを通して寄付されます。

2012年5月には、帝人フロンティア(株)の本社がある、帝人大阪本社食堂でも本プログラムがスタートしました。

社員有志による募金活動
「オックスファム・トレイルウォーカー東北2016」への参加・協賛

 当社の日光信二社長率いる社内有志24名が、2016年7月9~11日に福島県の安達太良山で開催された「オックスファム・トレイルウォーカー東北2016」に参加し、50キロおよび100キロのコースを完歩するとともに、ファンドレイジング(寄付金を集める活動)を行いました。

 また当社は、本イベントへの協賛として、イベントの参加者、ボランティアスタッフなどが着用するTシャツ1,800枚に向けて、当社のオリジナル素材「トリプルドライ®カラット®」を提供しました。「トリプルドライ®カラット®」は、汗による不快感を大幅に軽減するオールシーズン対応型スポーツ素材として参加者より好評を博しました。

オックスファム・トレイルウォーカー:このイベントは、4人1組で50kmコースを24時間以内、100kmコースも48時間での完歩を目指すとともに、同僚や友人など周囲の方々に呼びかけてチーム・スポンサー(寄付者)となってもらい、貧困から立ち上がろうとする人々を支援するもの。これまでに香港、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、オランダ、カナダ、ベルギー、アイルランドで開催され、日本でも2007年から毎年開催されています。

●オックスファム・トレイルウォーカー公式ホームページ●

≫ https://oxfam-mng.com/

写真:「オックスファム・トレイルウォーカー東北2016」(1)

写真:「オックスファム・トレイルウォーカー東北2016」(2)