CSR情報

活動ハイライト CSR調達の強化に向けて
サプライチェーンにおけるCSRを重視する取り組み

ベトナムで「第四回CSRサプライチェーンセミナー」を開催

写真:ベトナムで「第四回CSRサプライチェーンセミナー」を開催

2016年8月24日、ベトナム・ホーチミン市において日本繊維輸入組合・同輸出組合協賛を得て当セミナーを開催しました。今回はベトナムの縫製企業や素材メーカーに加えて日系商社等、合計42社/84名が参加致しました。

当セミナーでは、企業が製造拠点として多数進出しているベトナムにおいて、“ビジネスと人権”という課題について考える機会を提供する目的で次の5つのテーマにて講演を行いました。

  1. TPPおよび英国現代奴隷法2015について((株)エナジェティック・グリーン/和田征樹氏)
  2. ベトナム繊維縫製業サプライチェーンにおける強制労働防止の取り組み(国際労働機関(ILO))
  3. ベトナム労働安全衛生法に関して(ベトナム労働省)
  4. ベトナム労働法(ベトナムで人道支援活動を行うNGO/CIDEFO))
  5. 倫理的採用方針について(国際移住機関)

ベトナムの協業企業を対象に「サプライチェーン・CSRセミナー」を開催

2015年6月16日にベトナム・ホーチミン市にて、帝人フロンティア(株)の現地協力企業である縫製・刺繍工場や素材メーカーなどを対象とした「サプライチェーン・CSRセミナー」を開催しました。

当日は18社37名が参加、前回に引き続き、アパレル業界のCSR調達について豊富な知見を持つ(株)エナジェティック・グリーン 共同代表の和田征樹氏とベトナム労働省、およびこの度新たにCSR分野のコンサルティングを手掛けるNPO法人BSR(Business for Social Responsibility)の協力を得て、世界のCSR潮流や労働問題をテーマに講義を行いました。

写真:「サプライチェーン・CSRセミナー」(1)

写真:「サプライチェーン・CSRセミナー」(2)

ベトナムの協業企業を対象に「労務関連セミナー」を開催

2014年12月18日にベトナム・ホーチミン市にて帝人フロンティア(株)の協業企業を対象とした「ベトナムにおける労務関連セミナー」を開催しました。

当日は、現地の工場・素材メーカーなどを中心に15社34名の参加があり、セミナーでは「サプライチェーンにおけるCSR調達の重要性」や「ベトナムでの労働法等のプレゼンテーションおよび労務監査について」の講演を行ったほか、「人身取引および児童労働について」の具体例などを紹介し、意見交換を行いました。

写真:「ベトナムにおける労務関連セミナー」(1)

写真:「ベトナムにおける労務関連セミナー」(2)