Global Eyes

東南アジアからのレポート

REPORTER: TEIJIN INDIA PRIVATE LIMITED 出向 窪美

2011年12月 Delhi インド デリー

歴史ある新しい街、デリー首都圏の「ふしぎ発見!」を紹介します

REPORTER: TEIJIN INDIA PRIVATE LIMITED 出向 窪美

20年前の思い出

インド デリー

 私が初めてデリーへ来たのは今から20年ほど前でした。当時、エアインディアが日本就航何十周年かを記念したキャンペーンを実施していて、そのクイズに余った年賀状で応募したところ往復航空券が当たり、1週間ほどのインド旅行に出ることになったのです。ところが、その旅行のさい、スリに遭って財布を盗られてしまいました。警察に盗難届を出そうと警察署を探しに出かけましたが、道を聞いた人たちはみんな親切に教えてくれるものの、どれも間違っていてなかなかたどり着けません。ニュー・デリーの中心地のコンノート・プレイスで途方に暮れていたところ靴磨きの少年が「靴を磨かせてくれ」と寄ってきました。磨いてもらうような靴でないこと、お金を取られてしまったことを話すと、少年は「困っているなら持って行け」と小さな掌に乗せたコインを差し出してきました。おそらく一所懸命に稼いだお金。「それはいらない」と答えると、別れ際に「明日食べるものがなければここへ来てくれ、パンぐらいは持ってきてあげるから」。人のものを盗る人がいれば、施そうとする人がいます。落ち込んでいたところに、少年の純粋な気持ちに触れ、涙が出てきそうになりました。
さて、こんな思い出のあるデリーに縁があって、昨年10月から赴任させていただいています。

Teijin India Private Limitedとオフィスビル

TIPLが入居しているオフィスビルTIPLが入居しているオフィスビル

ネループレイスのマーケットネループレイスのマーケット

 私が現在出向しているTeijin India Private Limited(TIPL)は、2007年に前年に設立した帝人(株)の駐在員事務所を現地法人化した会社で、現在は帝人(株)、帝人化成(株)、帝人ファイバー(株)およびその合弁会社のSTK(住江織物、現地企業との合弁)の各担当者が、一つ屋根の下でそれぞれの業務を行っています。NITSは2010年10月から同社へ出向というかたちで進出。専任ナショナルスタッフを迎えインド事業拡大のため奮闘しています。
TIPLの事務所はニュー・デリーのネループレイスというところにあります。近隣にはいくつかのオフィスビルがありますが、東京や大阪のように多くの近代的なビルが林立するオフィス街のイメージとはややイメージが異なります。オフィスビルの隣には、「デリーの秋葉原」といった感じのマーケットがあり、一日中人があふれています。事務所のあるビルには現在、JETRO(日本貿易振興機構)や複数の日系企業が入居しています。

TIPLのオフィスでスタッフとTIPLのオフィスでスタッフと