ニュースリリース

2012/12/13
中国におけるエアバッグ事業合弁の本格展開について

 帝人フロンティア株式会社(本社、大阪市中央区 社長:竹中 哲嗣)は昨年10月、旭化成せんい株式会社などとの合弁により、中国(江蘇省南通市)にエアバッグ用基布の生産・販売を行う「日岩帝人汽車安全用布(南通)有限公司」を設立しましたが、同社の生産が本格的に稼働を開始しました。

 「日岩帝人汽車安全用布(南通)有限公司」は、織布からコーティングまでを一貫生産することができるエアバッグ用基布の生産・販売会社です。また、現在、エアバッグ用の素材としては、主としてナイロンが使用されていますが、今後はポリエステルに対するニーズの高まりも見込まれることから、同社は両素材に対応した設備を備えています。

 生産能力は、現在、年間640万m²ですが、今後の需要動向を見極めながら追加投資により織機の増設を図り、2015年度には年間1600万m²まで生産能力を拡大し、売上高20億円を目指します。

 帝人フロンティアは、このたびの中国における生産拠点の本格稼働を契機として、今後もエアバッグ事業のグローバル展開を進め、素材調達力と加工技術力を両輪とした自動車用資材のマルチサプライヤーとして事業拡大を図っていきます。

【合弁会社の概要】

1. 会社名 日岩帝人汽車安全用布(南通)有限公司
2. 所在地 江蘇省南通市 南通帝人敷地内
3. 資本金 5億円
4. 出資比率 帝人フロンティア(株)50.1%、旭化成せんい(株)33.4%、
岩佐織物(株)8.25%、中興化成工業(株)8.25%
5. 設立時期 2011年10月
6. 事業内容 エアバッグ用基布の生産・販売
7. 生産能力 年産640万m²