ニュースリリース

2016/01/12
「プルシェルター™」と「もうたんか®」が
防災安全協会の「防災製品等推奨品」に認定されました

 帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市中央区、社長:日光 信二)が展開している防災カーテン素材「プルシェルター™」と緊急防災毛布「もうたんか®」が、このたび、内閣府・防災推進協議会の構成団体である一般社団法人 防災安全協会が推奨する「防災製品等推奨品」に認定されました。(防災推奨番号は「プルシェルター™」:第E-0069号、「もうたんか®」:第E-0070号)

 「防災製品等推奨品」は、災害時に有効活用でき、安全であることが認められる防災用品を推奨する制度です。緊急時に“防災ずきん”として使用することができるカーテン素材「プルシェルター™」、および“担架”として使用することができる毛布「もうたんか®」は、その素材の安全性に加え、高齢者など災害弱者の防災・減災の一助となることが高く評価され、このたびの認定に至りました。カーテン素材や毛布が「防災製品等推奨品」として認定されるのは初めてのことです。

 近年、いつ起こるかわからない災害に対する日頃からの備えと、緊急時の自助・共助の重要性が再認識されています。帝人フロンティアは、“安心・安全はインテリアから” という考えのもと、学校、病院、福祉施設、公共交通機関、一般家庭など、幅広いシーンで防災・減災に役立つインテリア商材と、それを活用したソリューションを提案し、安心・安全な社会づくりに貢献していきます。

写真:「プルシェルター™」使用のカーテン「プルシェルター™」使用のカーテン

写真:「もうたんか®」「もうたんか®」

■防災カーテン素材「プルシェルター™」について

帝人のアラミド繊維の優れた耐熱性・難燃性と、カネカのアクリル系合成繊維が持つ火災の延焼を防ぐ消火性とを組み合わせた新しい防災カーテン素材。炎に接すると生地が炭化するため、初期段階で消火することができ、溶けて身体に貼り付くことがないため、緊急避難時には防災ずきんやマントのように頭からかぶって使用することもできます。

■緊急防災毛布「もうたんか®」について

火災発生時にも燃えにくい難燃性と、繊維上の細菌を抑制する制菌性を併せ持つ、独自開発の難燃制菌素材「エースツイン®」を使用した毛布。コンパクトに備蓄することができ、緊急避難の際には防災毛布として、また、人命救援の際には組み立てることなく、そのまま担架として使用することができるため、救助や運搬に要する時間を大幅に短縮することができます。

当件に関するお問合せ先

《報道関係》

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 TEL:(03) 3506-4055

《その他》

帝人フロンティア株式会社 インテリア部 TEL:(06) 6266-8218