ニュースリリース

2016/03/29
世界初!「エコペットプラス®」を使用した製品が
「繊維由来リサイクル繊維」のエコマーク商品に認定されました

 帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市中央区、社長:日光 信二)が展開しているリサイクルポリエステル繊維「エコペットプラス®」(*1)を使用した製品が、世界で初めて、公益財団法人日本環境協会が制定した「繊維由来リサイクル繊維」区分のエコマーク商品に認定されました。(認定番号:15 104 011)

 既に広く知られているエコマーク認定ですが、その中でもこのたび認定された「繊維由来リサイクル繊維」という区分は、使用済み繊維製品の廃棄量削減やリサイクル率向上を目的として2015年8月に制定されたものです。使用済み繊維製品や、製造工程から発生する糸くずなどの故繊維(*2)を主原料としたリサイクル繊維を対象としており、使用済み繊維製品を受け入れてリサイクルした実績があり、使用される繊維重量の25%以上が故繊維由来の再生モノマーである場合にエコマーク商品として認定されます。そして、認定された製品には、国際標準化機構の規格である「ISO14024」のタイプⅠ環境ラベル(日本国内ではエコマーク)を表示することができます。

 帝人フロンティアは、環境活動指針として「THINK ECO®」を掲げており、衣料から産業資材に至るまでの幅広い用途で、リサイクルをはじめとする地球環境への負荷を低減する事業活動を展開しています。そして、今後も「エコペットプラス®」のように地球環境に配慮した素材や製品を開発し、それらを通じて「地球環境に優しい企業」を目指していきます。

(*1)「エコペットプラス®」: 使用済みポリエステル製品などから、ケミカルリサイクルにより再生されたリサイクルポリエステル繊維。石油から製造されるポリエステルと同じレベルの安定した品質で、製造におけるエネルギー使用量とCO2排出量を大幅に抑えることが可能。

(*2) 故繊維 : 不要になった中古衣類を含む廃繊維製品類。家庭や事業所から回収される使用済みの古着・古布と、織布工場や縫製工場などの製造工程から発生する糸くずの両方を指す。

当件に関するお問合せ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 TEL:(03) 3506-4055