English 簡体中文
NI帝人商事株式会社
お問い合わせ 検索 TEIJIN
HOME 会社案内 事業案内 Global Eyes グループ会社 事業所 IR情報 CSR情報 採用情報
事業案内
衣料繊維事業
産業資材事業
IR情報
財務ハイライト
決算短信
決算公告
電子公告
採用情報
新卒採用
キャリア採用

ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース
2002年3月〜4月
NI帝人商事ヨーロッパの社員が「桜の女王」として来日

当社・堤社長、帝人・長島社長、小泉首相らを訪問し、日独親善を深めました。

昨年春、ドイツのハンブルグで開催された第22回「桜の女王コンテンスト」で、同地に本社を置く当社海外法人N.I. TEIJIN SHOJI EUROPE GmbH の社員アンネマリー・メザイさんがみごと栄冠に輝きました。このメザイさんが、2002年3月20日、自由ハンザ都市ハンブルグ州経済省が派遣する「桜の親善大使」として来日しました。

メザイさんは、まずハンブルグの友好都市である大阪市を訪問。関西国際空港に到着してから、早速、当社大阪本社で堤喜義社長と面会し、マスコミ各社のインタビューや撮影に応じた後、本社各フロアで日本の同僚たちと交流しました。22日、日中は大阪市役所とドイツ領事館を訪れ、夜は大阪・ハンブルグ友好都市協会主催の歓迎レセプションに出席。翌23日からは、ハンブルグとゆかりのある日本各地を歴訪、26日には綿貫民輔衆議院議長が会長を務める「日本さくらの会」中央大会に出席しました。また、29日には帝人株式会社の長島徹社長に面会しました。当社・堤社長と帝人・長島社長との面会は、ともにハンブルグ州経済大臣からの親書を携えての公式訪問でした。そして4月4日、メザイさんは日本の「桜の女王」浅野玲子さんとともに小泉純一郎首相を表敬訪問。TV等の報道陣が取り巻く中、小泉首相は「東京の桜は今年、開花が早くもう散ってしまいました」と言いながら2人の「女王」と握手し、シュレーダー首相から贈られたクラシック音楽のCDの思い出を披露しました。

こうして「親善大使」としての忙しい日程をこなしたメザイさんは、4月8日に無事帰国の途につきました。当社の海外法人であるN.I. TEIJIN SHOJI EUROPE GmbHは、ハンブルグで40年ちかく活発な事業を展開し、ドイツと我が国、両国の経済・文化に貢献しています。今回の「桜の女王」来日は、当社と当社グループの日独親善・グローバル化の証でもあります。

 
ニュースリリース TOP
新着情報
ページの先頭に戻る
Copyright 2013 N.I. TEIJIN SHOJI CO., LTD. All rights reserved.
ご利用条件 プライバシーポリシー