English 簡体中文
NI帝人商事株式会社
お問い合わせ 検索 TEIJIN
HOME 会社案内 事業案内 Global Eyes グループ会社 事業所 IR情報 CSR情報 採用情報
事業案内
衣料繊維事業
産業資材事業
IR情報
財務ハイライト
決算短信
決算公告
電子公告
採用情報
新卒採用
キャリア採用

ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース
2005年4月5日
環境保全ビジネス推進
生ゴミ処理装置「ゴミサー®」の販売開始につい
NI帝人商事株式会社(大阪市中央区 社長 森田順二)は、産業資材部門/物資・機材本部で中期経営計画コア事業として取組中の環境保全ビジネスの一環として、今般、生ゴミ処理装置の販売を開始することになりましたので、その概要をお知らせします。
1.背景・経緯
NI帝人商事/物資・機材本部機械部は従来、精密洗浄装置、クリーンルーム関連用品の製造販売を行ってきましたが、この度、業務用生ゴミ処理措置(消滅型)のトップメーカーであるエスキー工機株式会社(山形県酒田市 社長 遠藤岩雄)と、総販売特約店契約を締結し、2005年3月1日より、同社が生産する完全消滅型の生ゴミ処理装置 (商品名 ゴミサー®) を全国販売する事になりました。

近年NI帝人商事は、「地球環境との共生を図り、自然と生命を大切にします」という帝人グループ企業理念のもとで、「環境負荷の低減に取り組む生産・販売活動」を積極的に深耕、その一環としてリサイクル素材・工業用フィルター等の環境保全ビジネスを進めてきましたが、今般、新たに環境負荷低減商品として「完全消滅型生ゴミ処理装置」に着目しました。

一方、エスキー工機は1990年に「ゴミサー®」を開発、販売を開始、現在までに2000台の販売実績があるが、「食品リサイクル法」の規制実施期限年である2006年を前にして、生ゴミ処理装置のニーズがたかまり、全国規模での販売チャネルの構築を計った結果、環境保全ビジネス分野で実績、知名度の高い帝人グループ/NI帝人商事との総販売特約店締結に至りました。

NI帝人商事/機械部は、総販売特約店として全国販売を開始するにあたり、エスキー工機が従来から一部の特定地域及び特定市場に設定した販売会社については、NI帝人商事の特約店としてこれを段階的に統合し、併せて新規販売代理店を募集、全国に新たな販売代理店網を構築していきます。
2.商品概要
消滅型生ゴミ処理装置「ゴミサー®」は処理能力3kg〜750kg/日までの機種があり、販売実績 2000台を誇る実力ナンバーワンの消滅型生ゴミ処理機です。

人体に無害な微生物(コア)を利用し、生ゴミを水と炭酸ガスに分解。
従来から普及している微生物利用の堆肥型生ゴミ処理装置とは異なり、処理物取り出し等の二次処理の必要性がないのが最大の特徴です。

総販売特約店契約締結を機に、NI帝人商事/機械部が保有する洗浄装置製造技術及び排水処理等のノウハウと、エスキー工機の微生物コア(バイオ技術)とのコラボレーションによる改良型ゴミサーの開発もスタートしました。
3.今後の展開
食品の製造や調理過程で生じる動植物性残渣、流通課程や消費過程で生じる売れ残りや食べ残し他の処理に最適な装置であり、保育園、給食センター、学校、外食産業、病院、ホテル、老人ホーム、コンビニ、社員食堂等に納入してゆきます。
■ 本件に関する問合せ先は下記のとおりです。
〒541−8540 大阪市中央区南本町1−6−7
NI帝人商事株式会社 機械部
TEL: 06-6266-8198  FAX: 06-6266-8199
担当者 宇都木 勇
<参考>
食品リサイクル法は全ての食品関連事業者に課せられた責務であり、食品廃棄物の年間排出量100トン以上の事業者が、平成18年度までに実施率20%の目標が達成されないなど、再生利用等への取組が不十分な場合は食品リサイクル法により罰則が適用されることとなっています。
干支刺繍入り あぶらとりハンカチ 干支刺繍入り あぶらとりハンカチ
−小型−   −大型−
ニュースリリース TOP
新着情報
ページの先頭に戻る
Copyright 2013 N.I. TEIJIN SHOJI CO., LTD. All rights reserved.
ご利用条件 プライバシーポリシー