English 簡体中文
NI帝人商事株式会社
お問い合わせ 検索 TEIJIN
HOME 会社案内 事業案内 Global Eyes グループ会社 事業所 IR情報 CSR情報 採用情報
事業案内
衣料繊維事業
産業資材事業
IR情報
財務ハイライト
決算短信
決算公告
電子公告
採用情報
新卒採用
キャリア採用

ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース
2005年7月7日
超軽量 大型仮設テント エアロシェルター® II の製販一貫・新体制のスタートについて
NI帝人商事株式会社(大阪市中央区 社長:森田順二)は、従来、総発売元として展開してきた、「超軽量 大型仮設テント エアロシェルター® II」の販売において、今般、用途の拡大に対応した<製販一貫体制>を導入、スタートしましたので、その概要をお知らせします。
1.経緯
造船所ドックなどの野外作業の雨天対策用シェルターとして帝人グループが開発した大型仮設テント エアロシェルター®は、1995年の販売開始以降、雨天作業・イベント用途に順調に販売を伸ばしてきました。

昨年10月に発生した中越新潟地震の際、エアロシェルター® II が、被災者の仮設避難施設として活用され、その姿がTV,新聞等の報道により、全国レベルで大きく紹介されました。その反響により、官公庁、市町村など新規先からの引き合いが急増し、防災・災害用、公共イベント用、リース用など新規用途が拡大、結果、用途の広がりにあわせたモデル開発と、防災・災害用などにおける製販クイック対応の必要性が生まれ、今回の新体制の導入となりました。
2.製販一貫体制の導入
従来は、糸・織・加工・製品までの製造工程と、製品設計は他の帝人グループ2社が受け持ち、NI帝人商事は製品購入による総発売元として展開してきましたが、昨年末からの用途の広がりと製販クイック対応の必要性から、2005年4月より、NI帝人商事はグループ会社/帝人テクノプロダクツ(株)から原反を購入したのち、<製品企画・設計 ⇒ 製造コンバーター ⇒ 販売> までをカバーする製販一貫体制を導入しました。

販売先は、従来どおり直販ルートと代理店ルートを併用し、今般の製販一貫体制導入にあわせて制作した、エアロシェルター® II 販促用の映像もWEB上で展開してゆきます。
プロモーションムービーを見る
3.商品の特長と今後の計画
エアロシェルター® II は、空気を吹き込んで立ち上げるパラグライダータイプの大型仮設テントです。従来型の大型仮設テントの場合、鉄骨の組み立て工事などを含めて数日間の工期が必要でしたが、エアロシェルター® II なら有効面積170m2の標準タイプが、わずか30分間で設営できます。

また、帝人グループが開発した軽量・高強力ポリエステル織物「テトロン®パワーリップ®」を使用しているので、外気を通しにくく、高い耐候性がある上、数人で持ち運べるほど軽く使いやすい製品です。

この特長が用途の拡大を呼び製販一貫体制導入後も、防災用、各種イベント用として各地公共体を中心に、販売実績は順調に伸びています。今期の販売計画は3億円規模、中長期的には防災用途モデルの追加開発、輸出展開などの取組をふまえて年間5億円を目標としています。

■ リリース内容についてのお問い合わせ先
NI帝人商事(株) 東京繊維資材部 キャンバス資材課
井上誓吾 Tel 03-6402-7045
超軽量 大型仮設テント エアロシェルター® II
超軽量 大型仮設テント エアロシェルター® II 超軽量 大型仮設テント エアロシェルター® II
ニュースリリース TOP
新着情報
ページの先頭に戻る
Copyright 2013 N.I. TEIJIN SHOJI CO., LTD. All rights reserved.
ご利用条件 プライバシーポリシー