English 簡体中文
NI帝人商事株式会社
お問い合わせ 検索 TEIJIN
HOME 会社案内 事業案内 Global Eyes グループ会社 事業所 IR情報 CSR情報 採用情報
事業案内
衣料繊維事業
産業資材事業
IR情報
財務ハイライト
決算短信
決算公告
電子公告
採用情報
新卒採用
キャリア採用

ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース
2005年10月31日
「危機管理産業展2005」でデモンストレーション
超軽量大型仮設テント 「エアロシェルター® II」
災害地避難シェルター用としてハイブリッド車電源を活用
NI帝人商事株式会社(大阪市中央区 社長:森田順二)は、10月19日(水)〜21日(金)に東京ビックサイトで開催された「危機管理産業展2005」において、防災・災害、公共イベント、リース用など新規用途が拡大している「エアロシェルター® II」のデモンストレーションを実施しました。

ハイブリッド車の電源を利用して、災害地で避難シェルターを迅速に設置するという、「異なるイノベーションの組み合わせによるソリューションの提供」が今回のデモンストレーションの狙いであり、初日には石原都知事が展示会場で自ら「エアロシェルター® II」の立上げ電源を入れるなど、防災面での効果のアピールとなりました。

以下、概略をお伝えします。
「危機管理産業展2005」は、危機管理対策を重要な施策として推し進めている東京都の特別協力のもと、経済産業省・総務省消防庁・警察庁・防衛庁、他の後援により開催されました。
初回の開催にも関わらず、244社・団体、543小間にも及び、大きく分けて、防犯・防災・リスク管理の3つのカテゴリーから出展、危機管理の幅広い分野における最新の製品・サービスが一同に集まりました。

「エアロシェルター® II」は、帝人グループが開発した軽量・高強力ポリエステル織物「テトロン® パワーリップ®」を使用しているので、外気を通しにくく、高い耐候性がある上、数人で持ち運べるほど軽く使いやすい収納もコンパクトで簡単にできます。昨年10月に発生した中越新潟地震の際、被災者の仮設避難施設として活用されました。

「エアロシェルター® II」は、鉄骨がなく、送風機で送り込んだ空気のみで設営できるので、地震の余震等の2次災害の倒壊の恐れがないので、安心して利用できます。
一方、ハイブリッド車は家庭用電源(100V)を簡単に取り出せる機能を持っており、災害発生時にハイブリッド車を活用すれば、停電していても、コンセントがない所でも、電気の供給が可能となります。被災地は、市販の発電機は、重くて簡単に移動できませんが、ハイブリッド車の場合は自走可能であり、危険な場所を避けての給油が可能であり災害発生時にハイブリッド車を活用すれば、停電していても、コンセントがない所でも、電気の供給が可能となります。

今回のデモンストレーションは、「被災直後3日間を生き抜くために」をコンセプトに、「エアロシェルター® II」と、ハイブリッド車という二つのイノベーションの組み合わせによる「災害対策用」の新しい提案となりました。
デモンストレーションでは、実際に、会場に固定されている約15キログラムの「エアロシェルター® II」を、ハイブリッド車の電源に送風機をつなぎ、エアーを送り込み、膨らませ、空気を抜くという手順で実施しました。ハイブリッド車より取った電源で送風機の電源を入れて「エアロシェルター® II」が膨らむまでの所要時間はわずか1分8秒という速さで、来場者の大きな関心を集めました。
■ 「エアロシェルター® II」の商品説明
製造販売元であるNI帝人商事は、「エアロシェルター® II」をイベント用兼緊急対策用として販売を拡張しております。

(1)商品概要
「超軽量・コンパクト・スポーティーで短時間での設営」が可能な大型仮設テントです。素材は帝人テクノプロダクツ(株)が開発した軽量・高強力ポリエステル織物「テトロン® パワーリップ®」をベースとし、「エアロシェルター® II」専用の加工を施しています。特徴としては外気を通しにくく、難燃性(自己消化性)及び高い耐候性がある上、軽量な素材です。本体サイズは8タイプ(設営サイズ)で55m2〜219m2で重量は38s〜110s。色はレインボーカラー・単色。本体価格は160万円〜480万円。(税別)

(2)販売状況
販売平均単価300万円を超える商品であるが、今期7月累計で昨年対比約3倍の販売数。

(3)要因・背景
主にイベント用途(アウトドアイベント・アウトドアウエディングなど)が中心であったが防災用途として需要が高まっています。昨年10月に発生した「新潟中越地震」で避難用テントとして使用、防災用として評価・認知されたことが大きな要因、イベントと防災の両面性を兼ね備えた大型テントは他に類がない為、官公庁、市町村などから引き合いが急増しました。
また、販促用のDVDをWEB上で展開したところWEBよりの問い合わせも増え販売に貢献しています。

(4)製造・販売元
NI帝人商事株式会社 東京繊維資材部 キャンバス資材課
担当 井上誓吾
HP:http://www2.ni-teijinshoji.co.jp/
■ リリース内容についてのお問い合わせ先
NI帝人商事(株) 東京繊維資材部 キャンバス資材課
井上 誓吾 Tel 03-6402-7045
■ 「エアロシェルター® II」の設営デモンストレーション
ハイブリット車の電源に接続した
送風機により設営
ハイブリット車と設営後の
「エアロシェルター® II」
「エアロシェルター® II」
ニュースリリース TOP
新着情報
ページの先頭に戻る
Copyright 2013 N.I. TEIJIN SHOJI CO., LTD. All rights reserved.
ご利用条件 プライバシーポリシー