English 簡体中文
NI帝人商事株式会社
お問い合わせ 検索 TEIJIN
HOME 会社案内 事業案内 Global Eyes グループ会社 事業所 IR情報 CSR情報 採用情報
事業案内
衣料繊維事業
産業資材事業
IR情報
財務ハイライト
決算短信
決算公告
電子公告
採用情報
新卒採用
キャリア採用

ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース
2006年8月31日
超軽量大型仮設テント「エアロシェルター®II」
防災用途の拡大により通算300基販売達成
 NI帝人商事株式会社(大阪市中央区 社長:森田順二)が製造販売する「超軽量大型仮設テント エアロシェルター®II」が、大手スーパー・家電メーカー向け防災用途の需要拡大を受けて、発売以来通算300基販売の大台に乗りました。
 「エアロシェルター®II」は、帝人グループが開発した軽量・高強力ポリエステル織物「テトロン®パワーリップ®」を使用しているので外気を通しにくく、高い耐候性がある上、数人で持ち運べるほど軽く(通常テント素材の10分の1程度)、標準タイプはわずか30分で設営でき、収納もコンパクトで簡単にできます。
 1995年に造船所ドックでの雨天作業用など産業用途向けに販売を開始しました。
 さらに、安全性と利便性を考慮した改良型の「エアロシェルター®II」を1997年に開発し、ガーデンウェデイング、ホテルやアミューズメント施設の屋外イベント向けなど商業用途でも幅広く使用されるようになりました。
 2004年10月に発生した中越新潟地震の際、「エアロシェルター®II」が被災者の仮設避難施設として活用され、その姿が新聞・TVにより全国レベルで大きく紹介されました。その反響により、官公庁・市町村など新規先からの注文が急増し、防災用、公共イベント用、リース用など新規用途が拡大しました。
 昨今、CSR重視の観点から企業の危機管理が大きく取り上げられる中、「エアロシェルター®II」への注目度がさらに高まっています。大手スーパーには定期的に納入を続け、現在までに20基を納めている他、今月、国内大手電機メーカーより防災用途で、本社直属の事業所に向けに一挙13基大量の注文を受けるなど、防災用途の需要が急速に拡大しています。
 東京繊維資材部/テント事業全体の2006年度の販売計画は9億円規模、引き続き、帝人グループが保有する、「専用素材 テトロン®パワーリップ®」、「シェルター構造特許」並びに「設計・縫製技術」の3つの強みを基軸にした品質優位性を前面に出し、ユーザーニーズを的確に見極めながら用途拡大を図ってゆきます。
■本件に関するお問い合わせ先
NI帝人商事(株) 東京繊維資材部 キャンバス資材課
井上誓吾 TEL 03-6402-7045
ニュースリリース TOP
新着情報
ページの先頭に戻る
Copyright 2013 N.I. TEIJIN SHOJI CO., LTD. All rights reserved.
ご利用条件 プライバシーポリシー