English 簡体中文
NI帝人商事株式会社
お問い合わせ 検索 TEIJIN
HOME 会社案内 事業案内 Global Eyes グループ会社 事業所 IR情報 CSR情報 採用情報
事業案内
衣料繊維事業
産業資材事業
IR情報
財務ハイライト
決算短信
決算公告
電子公告
採用情報
新卒採用
キャリア採用

ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース
2008年7月8日
耐熱アラミド繊維/中空セラミックビーズ使用
炉前・鋳造・溶接作業に適した
新製品 高耐熱耐火シートの開発について
 NI帝人商事株式会社(大阪市中央区 社長:森田順二)の子会社である(株)帝健(大阪市中央区 社長:丸岡健二)は、この度、アキレス(株)(東京都新宿区 社長:中田寛)と共同で「高耐熱耐火シート」の製品化に成功、7月下旬より販売を開始しますので、その概要をお知らせ致します。
1. 開発の背景・経緯
炉前作業や溶接作業などのように高熱輻射および溶滴の飛来を受ける可能性がある作業環境では防火服や耐熱服を着用していますが、従来は例えば溶融金属のように1000℃を超える熱に晒される作業環境では、耐熱性が不十分であり、作業者の安全性を完全に満足させることができませんでした。またアルミ加工生地では着用者に熱が伝わりやすく、作業者のための高耐熱および高耐火性能を得ることはできませんでした。
そこで今回、耐熱アラミド繊維に中空のセラミックビーズを表面加工することにより耐熱性を飛躍的に向上させることで被災を防止でき、しかも作業者に不快感を生じさせない耐熱性に優れたシートの開発に成功しました。

2. 商品概略とその特徴
「高耐熱耐火シート」はメタ型アラミド繊維「テイジン®コーネックス®」をベースにした素材の表面に平均粒径0.01〜300µmの中空セラミックビーズを含有するゴム層を積層した耐熱シートです。中空セラミックビーズは耐熱性に優れているだけでなく、中空であるために、中空が断熱層として機能し、熱伝導を抑えることができます。更に最表面にアルミ層を積層することで熱反射性を向上させています。
本構造により、従来のアルミ生地と比較して耐熱性は8倍以上向上し、断熱性は2倍以上向上しました。また柔軟性は従来品と同様の結果が得られました。
  新製品 従来品 試験方法
耐熱性(秒) 60以上 7 1100℃バーナーで接炎し穴・亀裂が生じたときの時間を測定
断熱性(W/mk) 0.13 0.30 熱伝導率(定常法)
柔軟性(mm) 90 90 JIS L 1096 A法
3. 今後の展開
中空セラミックビーズのコーティング技術について、6月にアキレス(株)と(株)帝健の共同で特許出願を申請済みです。
高炉・電炉・硝子メーカーの炉前作業、鋳造作業、溶解作業向け防護服用途生地として販売展開を考えております。7月下旬より販売を開始する予定です。
詳細お問い合わせ先:
(株)帝健 アラミド製品部 上島/五十嵐 Tel 06-6268-2144
<参考>
■アキレス(株) 会社概要
1. 本社 東京都新宿区大京町22
2. 設立 1947年6月
3. 代表者 中田 寛
4. 資本金 146億4千万円
5. 売上高 単体840億円(2007年3月)
連結1,011億円(2007年3月)
6. 従業員 1,723名(2007年3月)
7. 事業内容 シューズ・ゴム・プラスチック製品の製造・販売
■「高耐熱耐火シート」の断面写真 
「高耐熱耐火シート」の断面写真 
ニュースリリース TOP
新着情報
ページの先頭に戻る
Copyright 2013 N.I. TEIJIN SHOJI CO., LTD. All rights reserved.
ご利用条件 プライバシーポリシー