English 簡体中文
NI帝人商事株式会社
お問い合わせ 検索 TEIJIN
HOME 会社案内 事業案内 Global Eyes グループ会社 事業所 IR情報 CSR情報 採用情報
事業案内
衣料繊維事業
産業資材事業
IR情報
財務ハイライト
決算短信
決算公告
電子公告
採用情報
新卒採用
キャリア採用

ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース
2009年3月16日
阪神甲子園球場のラバーフェンスに
多機能クッション材「ファイバークッション®」が採用されました!
 帝人ファイバー株式会社(本社:大阪市中央区、社長:唐澤佳長、以下「帝人ファイバー」)が展開する多機能ポリエステルクッション材「ファイバークッション®」が、このたび、阪神甲子園球場のアルプススタンド下にあるラバーフェンスに衝撃クッション材として採用されました。

 これは、今春リニューアルが完成する阪神甲子園球場のラバーフェンスの施工をNI帝人商事株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田順二、以下「NI帝人商事」)が受注し、帝人ファイバーの「ファイバークッション®」を使用して施工することとしたものです。

 従来、ラバーフェンスの衝撃クッション材にはウレタンが使用されていましたが、屋外での使用に対しては、紫外線劣化や雨水の抜けの悪さに加え、特に冬場に硬化するという大きな欠点があり、代替素材に対するニーズが高まっていました。

 このたび採用された「ファイバークッション®」は、帝人ファイバー独自の特殊成型加工技術により、シート状のポリエステル不織布を重ねて厚みを作り出した多層構造を有しており、既に介護マットレス用途を中心に約20年におよぶ納入実績を誇っていますが、このたびは次のような特徴が高く評価され、ラバーフェンスに新規採用となりました。
寒い場所や長期の使用に対してもクッション性が低下せず、ヘタリが少ない。
通気性や水はけに優れ、カビが発生しにくい。
用途に応じ、部分的に硬さを調整することが可能。
ウレタンに見られる黄変や加水分解が起きにくく、耐久性に優れる。
素材がポリエステルであるためリサイクルが可能。
燃焼時にシアンガスなどの有毒ガスを発生することがない。
 また、ラバーフェンス外装材の表皮には高耐候塩化ビニル製のターポリン*、基布にはポリエステル素材「テイジン®テトロン®」を使用しています。

 なお、ラバーフェンスの改修工事は、NI帝人商事により3月上旬に完了しており、リニューアルされた阪神甲子園球場は、春の選抜高校野球より実用開始となります。
*「ターポリン」: ポリエステル製生地を塩化ビニル等の軟質の合成樹脂フィルムで覆ったシート状のもの。
写真:「ファイバークッション®」が採用された阪神甲子園球場のラバーフェン   写真:衝撃クッション材に使用される「ファイバークッション®」
「ファイバークッション®」が採用された
阪神甲子園球場のラバーフェンス
  衝撃クッション材に使用される
「ファイバークッション®」
当件に関するお問合せ先:
帝人株式会社 広報・IR室 [東京] (03)3506-4055 [大阪] (06)6268-2763
NI帝人商事株式会社 広報・IR部 [大阪] (06)6266-8044
ニュースリリース TOP
新着情報
ページの先頭に戻る
Copyright 2013 N.I. TEIJIN SHOJI CO., LTD. All rights reserved.
ご利用条件 プライバシーポリシー