English 簡体中文
NI帝人商事株式会社
お問い合わせ 検索 TEIJIN
HOME 会社案内 事業案内 Global Eyes グループ会社 事業所 IR情報 CSR情報 採用情報
事業案内
衣料繊維事業
産業資材事業
IR情報
財務ハイライト
決算短信
決算公告
電子公告
採用情報
新卒採用
キャリア採用

ホーム > ニュースリリース
ニュースリリース
2009年6月8日
耐熱アラミド繊維/PCM温度調節機能材使用
高温環境下での作業に適した
新製品 防暑対策製品「クールワーカー」の開発について
 NI帝人商事株式会社(大阪市中央区 社長:北野弘)の子会社である(株)帝健(大阪市中央区 社長:丸岡健二)は、この度、防暑対策製品「クールワーカー」の製品化に成功、6月中旬より販売を開始しますので、その概要をお知らせ致します。
1. 開発の背景・経緯
 炉前作業や溶接作業、または消火活動時のような高温環境下での作業では常に危険性を伴うだけでなく作業者の快適性を満足させた耐熱服、防火服は従来なく、快適性の改善が望まれていました。
 これまでにも保冷材を装着した製品は多数ありましたが、いずれも耐熱、耐火性能がないために高熱輻射および溶滴の飛来を受ける可能性がある作業環境では着火する危険性があるため着用できませんでした。
 そこで今回、耐熱アラミド繊維使用の耐熱マスクにPCM温度調節機能材を組み合わせることにより高温環境下での遮熱性、安全性、快適性を向上させた防暑対策製品「クールワーカー」の開発に成功しました。
2. 商品概略とその特徴
 「クールワーカー」はメタ型アラミド繊維「テイジン®コーネックス®」ニット製品の後頭部に温度調節機能材(相変化物質=PCM)を装着した製品です。PCMとは、ある温度で固体→液体→固体・・・状態を繰り返す相変化を伴う物質で、この特性を生かし周囲の温度を調節することで、快適な環境を得ることができます。
(※PCM・・・「Phase Changing Material」の略)
 今回装着の温度調節機能材(PCM)は水より温めにくく冷めにくいため、加温時の温度上昇が水より遅いので、保冷効果がより長く保持します。
 試験サンプルを熱電対にて70℃加温した時の内側温度を測定した結果、図1の通り120分後で「クールワーカー」は、体温レベルの温度を維持しました。また同条件で水と比較試験を実施した結果、図2の通りPCMは水より保冷効果が長く保持できました。
(図1) 70℃加温における製品内側の温度変化   (図2) PCMと水の比較温度変化
図1:70℃加温における製品内側の温度変化   図2:PCMと水の比較温度変化
3. 今後の展開
 高炉・電炉・硝子メーカーの炉前作業、鋳造作業、溶解作業向け暑熱対策製品として販売展開を考えております。小売希望価格は、フルマスクが8,400円(消費税別途)、ネックカバーマスクが4,800円(消費税別途)です。6月中旬より販売を開始する予定です。
詳細お問い合わせ先:
(株)帝健 アラミド製品部 コーネックス製品グループ Tel 06-6268-2121
 
■ 「クールワーカー」の製品写真
フルマスク   ネックカバーマスク
「クールワーカー」の製品写真:フルマスク   「クールワーカー」の製品写真:ネックカバーマスク
ニュースリリース TOP
新着情報
ページの先頭に戻る
Copyright 2013 N.I. TEIJIN SHOJI CO., LTD. All rights reserved.
ご利用条件 プライバシーポリシー