「一般職」と「総合職」の違い

帝人フロンティアの「総合職(営業職や管理スタッフ職)」と「一般職」は業務の「両輪」であって、どちらも欠かすことのできない大切な仕事。そうした面では同じです。
ただし、これら2つの職種には、以下のような違いがありますので、あなたの個性についてよく考えて、希望の職種を選んでください。

総合職とは

「総合職」には、営業系と管理スタッフ系の2種類があります。

営業系「総合職」は、会社の経営計画を実現し、業績目標を達成するために、新規顧客を開拓し、既存顧客との取引を維持・拡大していきます。客先に足を運び、ニーズを汲み取って、売れるモノを企画、提案し、仕入先や協力業者とともに、それらのモノ(製品・半製品)を作り、品質を管理し、納品し、相手先の信用管理をしながら代金を回収し、支払をし、利益を確保するのです。

管理スタッフ系「総合職」は、営業職など全社員が十分に成果を上げられる環境を整えることで経営計画を実現し、業績目標を達成していきます。営業職が社外に働き掛けるのに対して、管理スタッフ職は社内各部署や関係会社に働きかけることで「組織のあり方や仕事の進め方」にイノベーションをもたらすのです。

営業系・管理スタッフ系のいずれであっても「総合職」は会社業績の直接的な担い手であり、将来の経営幹部候補生として、日々、経営計画実現のために生産性向上と業務改善、リスクのミニマイズを図っています。こうした仕事の性質上、一人ひとりに売上・利益などに関する責任数字が割り振られ、この数字を達成する責任を負います。それゆえ、顧客ニーズを満たすために、あるいは会社の状況に応じて、転居を伴う異動や海外駐在をすることも少なくありません。

総合職社員のコメント

犬塚 美紀

システム部 業務開発チーム

コメントを読む

小金井 彩絵

東京アパレル部 第二課

コメントを読む

東 勝也

産業資材統括部 大阪統括課

コメントを読む

一般職とは

「一般職」にも、営業系と管理系の2種類があります。営業系あるいは管理スタッフ系の「総合職」が担っている経営計画実現・業績目標達成のための業務をサポートするのが「一般職」の役割です。

「一般職」は「総合職」とは違って、売上・利益などに関する責任数字が割り振られることはありません。しかし、経営計画実現・業績目標達成という目的は同じです。

受発注処理、出荷依頼、納期管理、貿易関連業務、金銭処理、内部管理のデータ作成など、コンピュータを使うデスクワークが多いのですが、単なる「データ入力」係ではありません。顧客と仕入先・協力工場と営業系「総合職」社員の間で、あるいは社員と管理スタッフ系「総合職」の間で、必要とされる情報を正確・迅速・円滑に受発信し、橋渡しする。そんなコミュニケーションが、「一般職」の仕事の本質であると言えます。

会社業績の判断材料となる各種データを間違いなく入力するにとどまらず、作成する書類をもっとわかりやくする方法を考える、電話やメールで顧客からの問い合わせにタイムリーに対応する、仕入先や協力業者と納期を交渉するなど、仕事の範囲は広範で単なるデスクワークという言葉では片づけられません。「一般職」が担っている業務もまた、生産性向上・業務改善、リスクのミニマイズを実現していきます。

一般職社員のコメント

安藤 くらら

機能衣料本部
衣料製品第二部第一課

コメントを読む

木本 万紀子

東京衣料本部
東京衣料第一部

コメントを読む

「一般職」と「総合職」、4つの違い

以上を整理すると、「一般職」と「総合職」の違いは、大きく4つに分けることができます。

①担当範囲の違い

会社の仕事というものは通常、「企画・商談 → 契約締結 → 生産 → 納品 → 伝票発行 → 入・出金処理 → 経費処理 → 確認」という流れを経ます。

「総合職」は、基本的に<企画・商談段階から確認段階までの流れ全体>の最適化を担当します。その中には「非定形」な業務が多く含まれています。

一方、「一般職」は、基本的に<流れ全体の一部>を担当します。その中には各種の書類作成など「定型」的な業務も多く含まれています。

②職務責任の違い

「総合職」は、①で説明したように、基本的に<企画・商談段階から確認段階までの流れ全体>の最適化を担当し、その業務には「非定形」なものが多く含まれているので、それらの結果としての業績目標の達成度に責任を負います。

一方、「一般職」は、自分が担当している業務の質を高めていくことに責任を負います。

あえて単純化して言えば、「総合職」は業績という「数字」に責任を負い、「一般職」は担当業務の「質」に責任を負う、ということになります。

③転居を伴う異動の有無

「総合職」は、顧客ニーズを満たすために、あるいは会社の状況に応じて、「非定形」に自分を業務のあり方を変えていかねばなりませんので、転居を伴う異動(海外駐在を含む)をする可能性があります。

一方、「一般職」の業務には、「定型」的なものが多く含まれているので、原則として転居を伴う異動がありません。

④処遇基準の違い

「一般職」と「総合職」では、担当範囲、職務責任、転居を伴う異動の有無といった点で違いがありますので、それぞれに応じた給与ベースを設けて運用しています。

職種毎に、各人の成果(「総合職」は目標「数字」の達成度など、「一般職」は担当業務の「質」など)に応じた処遇を行うことで、個々のモチベーションの向上を図っています。