TEIJIN 帝人フロンティア株式会社 新卒採用サイト2019

総合職と一般職の違い

総合職

「会社、ユーザーに役立つのか」という生産性を重視。

写真:犬塚 美紀

犬塚 美紀

システム部 業務開発チーム
(2007年度入社・工学部 大学院修士課程卒)

2012年に開催された神話博。出雲大社横の特設会場でヤマタノオロチとツーショット?

写真:犬塚 美紀

2012年に開催された神話博。出雲大社横の特設会場でヤマタノオロチとツーショット?

研究職をめざし、総合職以外考えていなかった

学生時代は応用化学を専攻し、入学当初から研究職に就くつもりで、修士前期課程の2年間は「色素増感太陽電池の変換効率」に関する研究に力を入れていました。地球の役に立つモノづくりがしたかったのです。そんな私が、当社のシステム部に入ることになったのは、化学の研究で用いる試薬をITツールに置き換えてモノづくりができるのではないか、と考えたからです。また面接でシステム部配属を前提に「将来の上司」とお話をさせていただき、「理想の上司だ」と感じたことも、大きな入社動機になりました。

私は研究職をめざしていたので「総合職」として働くのが当然と思いこんでおり、「一般職」という選択肢はありませんでした。また、女性が手に職をつけて結婚・出産後も社会と関わり続け、収入を得続けることも当然と思っていました。

面白い ! でもワークライフバランスに注意

入社後すぐにシステム部に配属され、6年間「インフラチーム」で社内ネットワーク全般、セキュリティ監視、レイアウト変更、サーバーメンテナンスなどに携わりました。今は「業務開発チーム」で業務アプリケーションを開発しています。前のチームではデスクワークだけではわからないことを体験できるのが面白く、今のチームでは何もないところから形にしていける点にやりがいを感じます。

残業や休日出勤は、以前に比べてグンと減ったものの、忙しくなれば、やはりあります。だから、睡眠時間確保、風邪はひかないなどの体調管理や、仕事がたてこんだ時にはメールと口頭でキーマンに事前のお願いをするなどの工夫をしています。しかし、ワークライフバランスというものは個人の努力だけで保つのは難しく、上司の理解や同僚の協力が不可欠です。長期休暇などに入るさいには、他の人にシワ寄せがいかないよう、早めに仕事を引き継ぐなどの準備をすることが大切だと考えています。

目標は、「便利になった」と思ってもらうこと

仕事上の目標は、「便利になった」とユーザーから思ってもらえるシステムを増やすこと。言いかえれば、ユーザーの生産性を上げ、会社の生産性を上げていく、ということです。そのために、社内ユーザーへの聞き取りのさい、出来るだけ「見える形」にして示すようにしています。また、ユーザーとの打ち合わせ時に想像力をフル動員して、お互いが利用シーン(ビジョン)を共有することを心がけています。普段の同期社員などとの何気ない会話にもヒントがあるので、日頃からアンテナを立てておくことも意識しています。

私生活上の目標は、これまで見たことのない景色を見たり、したことのない体験をすること。日ごろから自然に触れるように心掛けています。将来結婚する可能性は不明ですが、仕事と子育ての両立については、現実的な発想で冷静によく考えたいところです。

自分が働く上で「何を大切にしたか?」に注目してみて?

自分が生きていく上で、働く上で「何を大切にしたいか?」に注目してみてはいかがでしょうか?

例えば、幅の広い仕事ややりがいにこだわりがあるのであれば、総合職に向いているのではないでしょうか? 社会とのつながりをより強固に感じることができます。

「一般職」と「総合職」の違いに戻る

総合職社員のコメント

写真:小金井 彩絵

小金井 彩絵

東京衣料第二部
第二課

コメントを読む

写真:東 勝也

東 勝也

産業資材第一統括部
大阪統括課

コメントを読む

東 勝也

産業資材第一統括部
大阪統括課

コメントを読む

写真:東 勝也

PAGE TOP