商品情報

お問い合わせ

省エネルギーろ布 T8160

独自技術によるバグフィルター用低圧力省エネろ布

製品紹介

写真:省エネルギーろ布 T8160

バグフィルターは、当初、小麦粉やセメントなどの回収を目的として使用され始めたものですが、現在では回収だけでなく公害防止の為の環境対策として必要不可欠のものとなっています。

当社では、1981年より、独自技術により"テトロン長繊維加工糸"(テイジン®テトロン®)を素材とするバグフィルター用低圧力損失省エネろ布(T8160)を開発、広く販売しております。

PAGE TOP

特長

図:逆洗方式バグフィルター略図

ホッパー内へ分散させ流速を変えられた含塵空気は、粗粒を分離しながらバグフィルター下部より流入し、除塵され清浄空気となって上昇し、送風機によって大気に放出されます。

本製品の大きな特徴としては、ウーリー糸使いの五枚朱子織である為、ろ布の圧力損失は大幅に低減でき、払い落とし性能も良好となることで集塵動力費の節減効果が期待できます。

また、経糸に静電気の除去効果のあるテナベル糸を25mm毎に1本づつ打ち込むことで、粉塵爆発の危険性を軽減できます。