素材情報

お問い合わせ

Octa®Neo(オクタ®Neo)

オクタ®の特殊多層構造複合素材

特長
  • 長繊維と短繊維を高次元で複合した特殊多層構造糸

    独自技術により、「オクタ®」を芯として周囲に短繊維を配した芯鞘特殊多層構造繊維を開発しました。鞘となる短繊維はポリエステルなどの合成繊維や天然繊維などで、商品の要求特性に応じた組み合わせにより、より多様な機能バリエーションの実現が可能です。

  • 長繊維と短繊維の長所を融合した機能性

    オクタ®」を使用することによる嵩高軽量性、優れた吸水拡散性と、短繊維の特徴である肌触りのよい風合いを同時に実現しました。さらに、短繊維単独では難しかった適度なハリコシのある風合い、ストレッチ性、通気性も実現し、ナチュラルタッチでありながら優れた機能性を併せ持ちます。

  • 多様な商品展開

    「オクタ®Neo」だけを使用しても優れたパフォーマンスを発揮しますが、さらに高バランス織編物「デルタ®」(*1)や、汗による不快感を軽減する「トリプルドライ®カラット®」(*2)など、自社の特殊機能素材と組み合わせることにより、多様な商品展開が可能です。また、織編技術を駆使して様々な機能素材と交織編することにより、春夏物に限らず、オールシーズン対応の商品開発・展開が可能となり、さらに長繊維では難しかったTシャツ、ポロシャツ、肌着、ジーンズなどの短繊維用途へも幅広く用途展開が可能です。

    (*1)「デルタ®」:緻密でフラットな表面と高い嵩高性を実現した物性、機能性、質感に優れた織編物

    (*2)「トリプルドライ®カラット®」:吸汗・速乾機能に加えて、"汗冷え防止"や"べとつき防止"の機能を備えた織編物

用途

スポーツ及びカジュアル衣料全般