ニュースリリース

2019/06/04
炎天下でのランナーのパフォーマンス向上に貢献
超極細繊維使用の遮熱スポーツキャップを開発・販売

 帝人フロンティア株式会社(本社:大阪市北区、社長:日光 信二)は、造園土木工事や造園用資材、衣料品の販売などを手がけるビルマテル株式会社(本社:東京都中央区、社長:石川 薫)との共同により、超極細繊維「ナノフロント」を使用した遮熱性に優れるスポーツキャップ「Airpeak PRO(エアピーク プロ)」を開発しました。この製品は、6月8日よりビルマテルがインターネット通販サイト「Amazon」で先行販売を開始します。

写真:「Airpeak PRO(エアピーク プロ)」(1)

写真:「Airpeak PRO(エアピーク プロ)」(2)

1. 「Airpeak PRO」開発の経緯

  • (1) ビルマテルは、2017年より自社開発したスポーツキャップ「Airpeak」を販売しています。この製品は、帽子のツバおよび頭頂部、側頭部に通気口があることから帽子内部の換気機能に優れ、一般的な帽子に比べて帽子内の温度や湿度を低減させることができます。
  • (2) しかし、市場においては、近年の気候変動から、夏場の暑さ対策として帽子内部の温度をより一層低下させる製品が求められています。
  • (3) こうした中、温度低減効果を求めるビルマテルは、帝人フロンティアと共同で検討を重ね、遮熱性の付与・向上の観点から、従来品である「Airpeak」に帝人フロンティアの超極細繊維「ナノフロント」を使用し、「Airpeak PRO」の開発に成功しました。「ナノフロント」がスポーツ向け帽子に使用されるのは初めてのことです。

2. 「Airpeak PRO」の特徴

(1) 遮熱機能により帽子内温度の上昇を抑制

「ナノフロント」を使用した生地は、微細で高密度な構造となっていることから、通常の繊維を用いた生地に比べ、太陽光の中で熱を伝える近赤外線を反射する効果が高いという特徴があります。そのため「ナノフロント」を使用した「Airpeak PRO」は、従来品である「Airpeak」よりも帽子内の温度上昇を抑制する効果が高く、一般的なスポーツキャップに比べて帽子内部の温度上昇を約13.5℃抑制します(*)

(*)帝人フロンティア調べによるデータ。性能を保証するものではありません。

(2) 優れた着用感と視認性
「Airpeak PRO」は、ゴム紐によってサイズ調整を可能としているため着用感に優れています。また、ゴム紐や帽子に付したブランドロゴには反射材が含まれているため、夜間の視認性に優れています。
(3) 太陽光の照り返しを軽減
ツバの裏面をダークグレーにしていることから、太陽光の照り返しを抑えることができ、眩しさを軽減します。

3. 「Airpeak PRO」の仕様

(1) 素材:
ポリエステル100%
(2) カラー:
(3) サイズ:
フリー(55㎝から60㎝まで調整可能)
(4) 価格:
5,800円(税別)

4. 販売目標

2019年度:10百万円
2020年度:20百万円

当件に関するお問合せ先

《報道関係》

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
TEL:(03) 3506-4055

《その他》

帝人フロンティア株式会社 機能資材第二部 機能不織布・製品課
TEL:(06) 6233-3960