ニュースリリース

2020/07/27
「エコペット」が「富士屋ホテル」のアメニティバッグに採用

 本年で上市25周年を迎える、帝人フロンティア株式会社のリサイクルポリエステル繊維「エコペット」が、このたび、富士屋ホテル(神奈川県箱根町)の宿泊者向けアメニティバッグに採用されました。このアメニティバッグは、全館の耐震化およびリニューアル工事を実施していた富士屋ホテルが、グランドオープンとなった7月15日より宿泊者に提供されています。

 このたび採用されたのは、「エコペット」の不織布を、国産玉ねぎの外皮の色素(ケルセチン)を使用した小松マテーレ株式会社の染色加工技術「ONIBEGIE®(オニベジ)」(*)で染色した、環境に配慮した素材です。

(*) 
「ONIBEGIE®」は小松マテーレの登録商標です。

 企業行動憲章に「環境問題に積極的に取り組む」ことを掲げる富士屋ホテルが、この環境にやさしい素材と、帝人フロンティア並びに小松マテーレの地球環境に対する方針を高く評価し、このたびの採用に至りました。帝人フロンティアと小松マテーレは、今後も「エコペット」と「ONIBEGIE®」を組み合わせた製品のラインナップを拡充し、多様な用途に向けて環境配慮型ソリューションを展開していきます。

写真:アメニティバッグ(1)

写真:アメニティバッグ(2)

 帝人フロンティアは、環境戦略として「THINK ECO」を掲げ、衣料から産業資材まで幅広い用途において、リサイクルをはじめとする地球環境に優しい活動を実践しています。また、SDGs(持続可能な開発目標)の目標の1つである「持続可能な生産と消費」に貢献するため、廃棄物の削減、リサイクルなど、資源の有効活用に資する社会システムの普及を推し進めています。今後もこうした取り組みを積極的に推進し、さらに「地球に優しい企業」を目指していきます。

当件に関するお問合せ先

帝人フロンティア株式会社 広報・IR部
TEL:(03)6402-7087