ニュースリリース

2020/09/29
「在宅勤務」の制度化について

 帝人フロンティア株式会社は、With/Afterコロナの時代を見据えた新しい働き方として、本年10月1日より在宅勤務を制度化することとしました。

 帝人フロンティアでは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年3月より在宅勤務を開始し、状況に応じて適切に実施してきました。そして、その運用を通じ、感染の拡大防止とともに、ITやコミュニケーションツールの活用による業務効率化、および働き方改革の推進によるワークライフバランスの実現などの効果が確認されたため、このたび、生産担当などの部署を除き、改めて在宅勤務を制度化し、運用していくこととしました。

 新たな在宅勤務制度の概要は下表のとおりです。

対象拠点 生産および生産に準ずる部署、交替勤務部署を除く、
本社・支社、支店、営業所、ならびに国内グループ会社
労働時間 7時から22時までの間で、連続して所定労働時間を勤務
日数制限 在宅勤務の日数制限は設けない
(当面は出社率50%を超えない範囲で運用)
通勤手当
の取り扱い
従来の定期券代支給に代えて、出勤日数に基づき日額支給
在宅勤務手当
の新設
対象拠点に勤務する社員(嘱託・契約社員を含む)に、
月額3,000円を支給
一時金支給 2020年10月1日時点の在宅勤務対象者に10,000円を支給
(通信回線設置などの環境整備のため)

 帝人フロンティアは、このたびの在宅勤務の制度化をはじめ、今後もペーパーレスや印鑑レスの取り組みを拡大するなど、「新しい働き方」を進めることで、従業員の生産性とともに、企業の持続可能性を高めていきます。

当件に関するお問合せ先

帝人フロンティア株式会社 広報・IR部
TEL:(03)6402-7087