ガンバ大阪とのリサイクル活動(2021年度)

当社は、2017年からJリーグクラブのガンバ大阪様とパナソニックスタジアム吹田内で発生する使用済みペットボトルのリサイクル活動をおこなっています。ペットボトル回収には、ガンバ大阪エコ活動パートナーである追手門学院大学経営学部水野浩児ゼミの学生の方々が、スタジアムの内外に設置されたエコステーション(回収場所)において、回収と分別の協力を呼び掛けると共に、リサイクルしやすくするために、キャップをはずしたり、飲み残しを破棄するなど協力いただいています。

2021年12月4日明治安田生命J1リーグ 第38節 湘南ベルマーレ戦(2021シーズン最終戦)にて、先着7,000名のファン・サポーターの方々にリサイクル素材で制作された下敷きをプレゼントしました。また、2019シーズン開幕戦でデビューしました、リサイクル素材で制作されたビッグユニフォーム(ジャイアントジャージ)も試合前にグラウンドに登場し、大変盛り上がりました。

            
追手門学院大学の学生ボランティアによる分別活動   ビッグユニフォーム
 
配布されたリサイクル素材の下敷き

これらの活動を通じ、リサイクル分別の重要性をこれからも紹介していきます。